中年男性の
ダイエット基礎知識
 

理想の体型

みなさんはがダイエットを始めた理由はなんですか?
ダイエットは目的のための手段です。
その目的を目指して行わなければなかなかうまくいきません。

では、理想の体型をどう決めたら良いでしょうか。
実は、理想とされる体型の比率があります。

例えばバスト。
【身長×0.53】の大きさが理想的とされています。
同様に、ウエストは
【身長×0.37】など、
バスト、ウエスト、ヒップ、足首など、様々な部位ごとに
理想的な値があるとされています。
これらのサイズが本人にとって理想であるとは限りませんが、
一般的に理想的とされるサイズという事は間違いないでしょう。

ダイエットの目的として、参考程度に知っておくといいかもしれません。

そして、肥満にも体型によって種類があるんです。

肥満体型の判断基準
リンゴ、洋ナシ、バナナ、この中であなたの体型はどれでしょうか?

■リンゴ型
ビール腹や中年太りともいわれています。
男性に多く、更年期後の女性にも見られる体型です。
この体型は内臓脂肪が多く、メタボリック・シンドロームの危険性があります。
糖質を分解しにくく内臓に脂肪がつきやすい体型です。
炭水化物の摂取量を減らしましょう。

■洋ナシ型
下腹部から太股が膨れている体型で、皮下脂肪が多い方に多い体型です。
女性に多く、日本の女性のおよそ6割ほどはこの体型だといわれています。
脂質を分解しにくくて、皮下脂肪が付きやすい体型です。
脂物を減らすようにしましょう。

■バナナ型
この体型は、全体的に痩せているタイプで、
日本人の4人に1人がこの体型だと言われています。
タンパク質の処理が早く筋肉がつきにくいため、
太りにくいですがその反面痩せづらい体型です。
タンパク質を多く含んだ食品を取るようにしましょう。

注目サイト

東京都で大学受験に強いおすすめの予備校(学習塾)比較ランキング!

Last update:2018/6/19