中年男性の
ダイエット基礎知識

2014/9/11 更新

 

リバウンド

何事も反動ってもんがあります。
ボールを投げたら戻ってくる。当たり前です。

これはダイエットにももちろん当てはまります。
リバウンドは反動なので、リバウンドが来ないように、と
思ってる方は、残念ながら考えを改めるべきです。

来て当たり前。むしろかかってこいと。

さて、ダイエットで食事制限をしていると、今までより栄養が不足する状態に
なりますね。それが続くと『ホメオスタシス』という機能が働きます。

これは、いわゆる「生命維持装置」のような働きをします。
栄養が少なくなってきて、体がこのままでは危険だと判断すると
筋肉や脂肪からエネルギーを取ったり、
少ない食事からなるべくたくさんの栄養を取ろうとします。

雪山で遭難したときなんかは非常にありがたい機能なんです。

そして、この活動のせいで体重が落ちなくなってきます。
ダイエットにとって、この状態は『停滞期』といわれるものです。
ここでガマンができなくなり、ダイエットをあきらめてしまって、
リバウンドになってしまう。

と、簡単なことでは済まないんですよね。

この生命維持装置、結構な頑張り屋さんで、
ダイエット前の食事量に戻った後も、なるべくたくさんの栄養をほしがります。

さらに体の筋肉からもエネルギーを取ってしまっているので
代謝機能も低下してしまって摂取したエネルギーをうまく
消費できなくなっている状態です。

つまり、同じカツ丼でも、ダイエット前のカツ丼より、ダイエット中断後のカツ丼の方が、
体に吸収されるエネルギーが多いことになります。
そんでもってそのカツ丼のカロリーをうまく消費できなくなって溜め込んでしまう。

これがリバウンドの実態なんです。
これに気づかないで、食事量は戻っただけなのに、前よりも体重が増えた。
なんてことになりかねません。

ではこの停滞期=生命維持活動はどのくらい続くのか?

『ホメオスタシス』は、一ヶ月に5%以上体重が減少すると最大限に働きます。
だから、なるべく体重を減らすなら一月5%以内に押さえましょう。

そして、この働きは、一ヶ月ほど続くと言われています。
ここを乗り越えれば、晴れて生命維持活動も終了することになります。
以前の体に戻ろう戻ろうということが無くなるわけです。

ここからが真のダイエットのスタートとも言えますね。

ダイエットを行うときはこのことを
充分に覚えておいておきましょう。

おすすめWEBサイト 5選

口コミで人気の保湿オイル(スクワランオイル)おすすめランキング!

2018/6/19 更新