中年男性の
ダイエット基礎知識
 

体脂肪率

脂肪は人間の体の中でも二番目に多い成分です。一番多いのは
もちろん水分ですね。

この脂肪を体重から割り出したものを「体脂肪率」といいます。

いわゆる医学的に見ると、肥満というのは
この体脂肪率が基準値より異常に高い人を指すようです。

体が重いから肥満ということではないようですね。

そしてこの体脂肪率は、
体脂肪量(kg)÷体重(kg)×100
で求めることができます。

でも体脂肪の量を計るには、難しい計算が必要なんです。
そんなのわかるわけ無いので、一般的には体重計に付いている
「生体インピーダンス測定法」で計ります。

これは電気を通しにくいという脂肪の性質を利用して
体の持つ電気抵抗を計るものです。

身長、体重、性別のデータを入力して、体重計に乗ると測定されます。
体脂肪率がパーセントで表示されます。

一般的な適正値として
成人男性 15〜20%前後
成人女性 20〜25%前後
となっています。

一般に男性で25%、女性で30%を超えると肥満と判定されます。

この計測では、入浴や運動の後では汗をかくので体の水分が減り、
体脂肪率は高く表示されてしまいます。
また、飲み物を飲んだりした時などは水分が増加しているため体脂肪率は低く出ます。
そのため、計る時間は一定時に計ることをおすすめします。
目安としては、昼食の2〜3時間後や、眠る前が割りと安定していると思います。

ダイエットを始めたら日頃から体脂肪率を計るクセをつけておくといいかもしれませんね。

Favorite

五反田 脱毛サロン

2017/11/15 更新